少額キャッシングなら消費者金融系のカードローンがお勧め

〈5万円とかでいいから、今すぐキャッシングしたいんだけど…〉という方には、消費者金融系のカードローンがピッタリなのではと思います。〈5万円とか10万円とかのキャッシングだと、金利ばっかり高くて損するのでは…?〉と思われる方もいるでしょう。けれども、多くの消費者金融では、50万円以下のキャッシングに多くの特典が用意されています。

 

すぐにお金が借りたい場合におすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

消費者金融系のカードローンの少額キャッシングの特典

  • 収入証明書が必要ありません
  • 無担保で融資します
  • 短時間で審査が終わります
  • 即日キャッシングに対応しています

 

とりわけ、テレビCMなどで名前を聞くようなカードローン会社は、大手で社会的信用も高い会社です。それらの多くが銀行と業務提携をしているため、倒産の心配もほぼありません。資金源もしっかりしているので、安心してキャッシング利用ができると思います。

 

消費者金融系のカードローンの利用方法

消費者金融系のカードローンには、次の3つの利用条件が用意されています。@年齢A安定した収入B必要書類の用意が可能…の3つです。

 

ここでいう必要書類とは、本人と確認できる証明書のことをいいます。例えば、運転免許証、健康保険証、パスポート、最近ですと個人番号カードなどが挙げられます。それらのどれか1点を用意できればよいだけの話ですので、特別に身構える必要はありません。それらの書類は、コピーしたものを郵送するか画像として送るかすれば、申請完了です

 

50万円以上のキャッシングは“高額”キャッシングとしてみなされます

50万円以上のキャッシングを利用する場合は、収入証明書類を提出することが一般的です。収入証明書類とは、給与明細書、源泉徴収票、確定申告書などが挙げられます。消費者金融系のカードローン会社の場合、銀行系の会社のようにそれらの書類を事細かにチェックされるというわけではありません。よって、収入証明書類の種類も問わないですが、虚偽申告だけはしないでください。

 

前述したように事細かなチェックはされないので、虚偽の書類でも審査にパスすることがあるかもしれません。しかし万が一、返済を滞納するトラブルが起きたとき、虚偽の書類の提出が明らかになれば、“ただの”滞納トラブルだけでは済みません。有印私文書偽造と詐欺という犯罪になり得ますので、書類は正式なものを用意しましょう。

 

少額キャッシングでも、正直な申告はマスト

消費者金融系のカードローンでは、少額キャッシングの申請に収入証明書類の提出は求めていません。大抵の場合、自己申告で済ませます。ですから、テクニックとして、申請書類に書く属性は高いものを書くと審査にパスしやすいです。いくつか例を挙げてみます。アパートにひとり暮らしをしているけれどよく実家に帰る習慣があるならば、住居を「家族の持ち家」とする。自営業者で年によって年収に差がある場合、多かった年の年収を基準に書く…といった感じです。そもそも、50万円以下のキャッシングの場合、著しく所得が低くなければ融資をしてくれます。ですから、あまり神経質に考えなくても大丈夫ですが、嘘の申告だけは絶対にしてはいけません。

 

消費者金融系のカードローンの特典のひとつに、無利息サービスを実施している会社もあります。初回利用に限られた場合が多いのですが、ちょっとでも切詰めたい方には朗報かと思います。消費者金融系のカードローンの利用申請は、次の3パターンからできます。@店頭A自動契約機Bインターネットです。インターネットの場合、PCからだけでなくスマホからでも申請ができます。いずれの方法も案内の指示に従えば簡単にできるようになっていますので、安心して利用してください。

 

インターネット申請の最大の特徴は、早さです。最短で30分で審査結果が出ますので、即日キャッシングを希望する人にはインターネットからの申請をお勧めします。最後にひとつだけ注意が必要なのは、消費者金融系のカードローンは総量規制の対象となっていることです。他社の金融会社と合わせて年収の3分の1以上の融資額にならないよう、申請前に改めて計算し直してみてください。

即日融資が早いのは消費者金融

消費者金融に対するイメージをあまり良く思っていない人も少なくありません。実際に以前にはかなりの高金利で安易に貸し付けたり、ひどい取り立てを行って問題になったりと、実際にいいとは言えないような仕方で営業していた頃もありました。ですが、現在ではきちんと法整備がなされているので、そのような事もなく安全に利用できる金融業者が多くなりました。

 

CM等でもよく見かけるような大手消費者金融のほとんどは、現在は銀行傘下で営業しています。もちろん延滞をすれば督促はありますし、無視し続ければさらなる手段を講じなければなりませんが、それは銀行でも消費者金融でも同じ事です。自宅や職場に人が来て厳しい取り立てなどするわけもなく、そのような場合にはやむを得ず法的手段で対処する事になるでしょう。遅延損害金はかかりますが一律20%となっていて、その点は最初に承諾の上で契約をするわけですから、違法なものではなく延滞したら支払う義務のあるお金となります。

 

簡単に申し込める

消費者金融大手は全てインターネットから24時間いつでも申し込みができます。また、簡易診断や返済シュミレーションも簡単な入力ですぐにできるようになっていますので、直接問い合わせなくても自分である程度の事を把握する事ができます。

 

各社で様々な特典や会員向けサービスがあり、それぞれに特徴が違ったりしますので、よく比較して選ぶ事をおすすめします。各社店舗が全国にあり、自動契約機であれば年中無休で夜遅くまで申し込みができます。もちろん審査は行いますので、勤務先への在籍確認の電話が不可能な時間帯もあるかもしれませんが、消費者金融ならば適宜相談に応じてもらえる場合が多いですので、心配であればまずは電話で相談してそのまま審査に申し込むといいかもしれません。

 

審査のスピートは申し込みをした人の状況によりますが、特に問題がなければ30分程度で終わります。店頭や自動契約機で申し込みをすると、審査の間そこで待つ事になります。もしも待ちたくないのであれば、電話やインターネットで申し込んで審査だけ先に行えば店舗での時間を短縮できます。カードや書類は郵送での受け取りでもかまわないというのであれば、店舗へ行かなくても手続きはできますし、振り込みでの利用は契約が済んでいればもう可能ですから、カードなくてもキャッシングはできます。

 

即日キャッシングを希望するならば、振り込みなら基本的には平日14時までに契約をします。それ以外であればカードがなければキャッシングできませんので、店頭か自動契約機へ行ってカードを発行しましょう。そうすれば、コンビニや提携先の銀行ですぐに現金を引き出す事ができます。大手消費者金融各社は、これら一連の流れはスピーディーですし営業時間も長めです。銀行によっては同様のサービスを提供している場合がありますが、審査等に多少の時間がかかる場合もありますので、利用の際は早めの対処が必要かもしれません。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス

4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム

4.7%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル

4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット

3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン

4.9%〜14.5% 500万円 最短即日