在籍確認における、ちょっとしたテクニックは?

キャッシングは借金の一種です。だから、キャッシングをしていることは、あまり人には言いたくないでしょう。特に勤めている職場の同僚や上司などには知られたくないものです。借金をしていると思われ、信用が低くなる可能性もあるからです。こうした会社にバレる原因はいくつかあります。その中の一つに在籍確認があげられます。これはキャッシングを申し込んだときに、本当にその会社に勤めているかどうか調べるものです。通常は電話で確認を取ることが多いものです。なんだかブルーな気分になるかもしれませんが、在籍確認の時にキャッシング会社は自分の社名を出すことは無いから大丈夫です。通常は個人名を使って電話をしてきます。ですから、まあキャッシング会社の在籍確認だとはわからないしょう。

 

キャッシング利用がバレる可能性

ですが、同僚にバレる可能性はゼロではありません。例えば、電話を取った同僚が自分もキャッシングの経験があるなら、これは在籍確認ではないかと疑うでしょう。通常、会社に個人名を名乗って電話が掛かることが無いような場合、特に怪しまれます。そんな職場に勤めている場合は、バレるリスクもあるということです。それ以外にも自分がその在籍確認の電話に応答してしまい、同僚に知られてしまうケースもあります。電話に出た同僚があなたに電話を回してくるとします。そのとき自分の住所や生年月日などを話していると、変だと怪しまれるでしょう。普通、そうやって生年月日を電話で答えるケースはそうありません。

 

また、キャッシング会社の確認の電話を誰も出られなかったということもあるかもしれません。そんな場合、誰か別の同僚や上司が着信履歴からリダイヤルをすることで、キャッシング会社につながり、あなたの借金が知られてしまうこともあるのです。リダイヤルしたら当然、キャッシング会社はきちんと会社名を名乗るでしょうから、そこでバレるわけです。もし、キャッシング会社が非通知で電話をしてくれたら、大丈夫かもしれません。ですが、最近は非通知の怪しい電話は出ないようにしている会社もあるのです。それを見越して、非通知にせずに電話をすることも多いのです。以外にこれで知られてしまうケースもあるので、注意しましょう。

 

どういう形で在籍確認をとるか要望を出しておく

通常、キャッシング会社は申し込んだ人が本当にその職場で働いているかどうか知りたいだけです。だから、借り手が困るようなことをわざわざすることはありません。基本的にはバレないように配慮してくれるはずです。ですから、キャッシング会社に在籍確認の際、どういう形で確認をとるか、要望をしておけば聞いてもらえる可能性は高いです。例えば女性の電話は怪しまれる会社の場合、男性から電話をしてもらうように頼むという事例も聞いたことがあります。このように頼めば聞いてもらえる場合が多いのです。取りあえず、自分の要望は話しておいたほうが良いでしょう。。

 

もし、それでも不安があるなら、先手を打っておくのも良い方法です。それは同僚などにこう言っておくのです。「クレジットカードに申し込んだから、在籍確認の連絡が入るかもしれないんで、よろしく!」。これだと大丈夫です。通常、クレジットカードも申し込みがあったら、在籍確認をします。だからキャッシングなのかクレジットカードなのかは区別できないので、これはわりと使える手です。

 

ただ在籍確認は絶対不可欠な条件でないケースもあります。キャッシング会社によっては書類でOKと言う場合もあります。その書類というのは給与明細とか社員証などです。これでOKなところもあるので、一度確認してみたら良いでしょう。最近はこうした変わりの書類があれば在籍確認はしないというところも増えているようです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日