借入を複数のキャッシング会社からする時は気をつけましょう。

一度に何社ものキャッシング会社で申し込み手続きをすると、審査に落ちてしまう可能性があります。申し込み情報については、信用情報機関に登録されてしまいます。申し込み内容は、キャッシングに限らずクレジットカードの申し込みなども信用情報機関に登録されて、審査の時にチェックされます。申し込みした情報については殆どの場合、即日か翌日には登録されて、半年間は登録され続けます。

 

もし、過去に重大な滞納などの事故情報となることをしていないのに、審査に落ちてしまった場合は、複数申し込んだことが原因かもしれません。消費者金融会社では、年収の分のまでしか借り入れができないという総量規制という規制があります。これは、申し込み者が多重債務に陥らないようにするために作られた法律です。そのため、申込時に、他社との借り入れ合計が総量規制に引っかかっていると、審査に落ちてしまいます。

 

申し込み時の審査では、審査のスピード化を図るため、スコアリングシステムという方法が用いられています。これは、申込時の情報を点数化して審査するシステムです。スコアリングの対象となる情報は、勤務先、勤続年数、雇用形態、収入、家族構成、住居形態、他社からの借り入れ金額や件数などです。スコアリングの点数を高くして審査を通過したいからといって、嘘の情報を申告して信用情報機関で、過去の借入情報などが発覚しては、信用が更に落ちてしまいます。

 

多重債務に悩む方がよく利用する

複数の金融業者からの借入を1本化するのが、おまとめローンです。多重債務に苦しんでいる方にとっては、借り入れ先が一つにまとめることができるため、返済日の管理が分かりやすくなり、返済額も減って楽になるというメリットがあります。

 

特に、返済のために他社からの借り入れを繰り返し自転車操業状態になってしまった方にとっては、魅力的な商品でしょう。しかし、おまとめローンにしても金利が安くならないと意味がありません。また、返済額が少なくなって経済的に楽になったと思っても、返済期間が長くなっていて、返済額が結果的に大きくなっているということも多々あります。

 

  • 返済を一つにまとめて、返済日の管理をスッキリさせる
  • 金利を安くする

などのメリットがあります。

 

キャッシングは、無担保・保証人無しで借り入れができる分、それなりの金利を支払わなければいけません。おまとめローンにすることで、複数の会社に金利を支払う必要がなくなります。返済遅延を繰り返すと、信用情報機関に登録されてしまいますし、延滞をすると遅延損害金という罰金を払わなければいけません。遅延損害金は、利息制限法で20%とされていて、遅れた日数分の日割り計算で算出されます。

 

早く返済するには、毎月の返済額を増やす・金利を下げて利息分を減らすのが一番の近道です。ですが、複数から借り入れをしていると、返済額を増やすのは大変です。金利を下げようと思ったら、金利の低い銀行のおまとめローンに申し込むのが得策と言えるでしょう。

 

おまとめローンにすることで、返済をしても数日後にはまた他社の返済が控えているという、精神的なプレッシャーから解放されるというメリットはかなり大きいです。ですが、おまとめローンを勧めてくるとろこは、月々の返済額を少なくするために、返済期間を伸ばしている場合がかなりあります。目先の返済額に気を取られて、おまとめローンに申し込んで、後から気が付いても遅いのです。おまとめローンを利用する時は、金利と返済期間をよく考えて申し込むこと。どうしても無理な状況になってしまった場合は、弁護士に相談をして債務整理を検討するのも一つの方法です。

 

結論

借入をする時は、返済計画をきちんと立てること。何かの事情で複数の業者から借り入れをした場合は、おまとめローンを検討するのも打開策の一つですが、金利と返済期間を考えましょう。それでも、返済が難しい場合は、債務整理を検討しましょう。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日