即日融資における審査と銀行振込に要する時間の関係

消費者金融機関を代表に、即日融資をアピールしている金融機関は多くあります。しかし即日融資を受けるには複数の条件があり、申込をすればすぐに融資が受けられるわけではありません。

 

融資の申込の後には審査があり、審査の後には借入金を申込者の銀行口座に振り込む手続きが控えています。これら審査や銀行振込の時間を考慮していないと、即日融資を受けられないという場合もあり得るのです。

 

すぐにお金が借りたい場合におすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

審査には時間がかかる場合がある

融資の申込は24時間受け付けられています。しかし審査は24時間対応とはなっていません。審査において大切となる申込者の職場への在籍確認は日中でないと実施不可能な場合が多いため、審査の申し込み時間帯によっては審査結果の通知が申込の翌日になってしまうこともあり得るのです。

 

通常、審査は30分程度で完了します。しかし提出書類に不備があったり、申込者の信用情報に問題があると、審査時間は長引きます。申込から融資が実行されるまでには審査時間が必要となることを考慮し、早めに申し込むことが大切となります。

 

銀行振込による融資は午後3時まで完了する必要がある

さらに即日融資を受ける際に気をつけたいのは、銀行振込の問題です。銀行への振込は午後3時までに振込み手続きが完了しないと、当日振込とはならず、翌日の振込となってしまうのです。

 

審査の完了が午後3時を過ぎてしまうと、当日に銀行口座への振込が行なわれても、実際にその振込が反映されるのは翌日になってしまい、借入金を翌日にならないと引き出せなくなってしまうのです。そこで銀行振込によって即日融資を受ける場合には、審査時間も考慮して最低でも午後2時までには申込を済ませる必要があるのです。

 

銀行振込に頼らない即日融資の方法

 

自動契約機を利用する方法

このように銀行振込によって即日融資を受けるためには午後3時までに審査回答を受ける必要がありますが、その時間を過ぎてしまった場合には銀行振込以外の方法を利用する必要があります。銀行カードローンや消費者金融会社のローンカードを利用し、金融機関のATMから借入金を引き出すという方法が有効となります。消費者金融会社では各地に申込のための自動契約機を設置しています。自動契約機から申込をし、審査が完了すればその場でローンカードの支給を受けられます。自動契約機の隣にはATMが設置されているため、ローンカードを利用してATMから借入金を引き出すことが可能となるのです。自動契約機は祝祭日、夜間にも営業しているため、銀行振込が不可能な午後3時以降の申込でも対応可能となっています。

 

銀行カードローンを利用する方法

自動契約機は消費者金融会社においては多く設置されていますが、大手銀行のカードローンではあまり設置されていません。しかし銀行カードローンに申し込んだ場合、当該銀行の口座に対する振込であれば午後3時以降も即日で反映されるため、即日振込が可能となります。三菱東京UFJ銀行のカードローンに申込んだ場合を想定すると、三菱東京UFJ銀行の口座を持っていれば審査完了時点ですぐに三菱東京UFJの口座へ借入金が振り込まれることになります。銀行口座へ借入金が振り込まれると、銀行ATMから引き出すことも可能となり、またネットバンキングを使って振替を行ったり必要な取引をすることも可能となります。

 

もしもの時に備え、早く申し込むことが大切

これらの手続きは、審査に問題がなかった場合が前提となります。提出書類に不備があったり、申込者の信用情報に問題があると審査が長引いてしまい、即日融資を受けることは困難となります。特に銀行カードローンに関しては、審査に数日要することが一般的です。即日融資を希望するのであれば、消費者金融に申し込むことが推奨されます。いずれにもしても即日融資を受けるためには、銀行振込でもローンカードを利用する方法でも対応可能な午前中に申込手続きを済ませることが大切なのです。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日