今日中に収入証明書を出さずに借り入れをするには、借入希望額を低めに申請しましょう。

今日中にお金が必要になった場合の借り入れの申し込みには、即日対応の金融機関を利用するのは最低条件ですが、審査を通りやすくするには、借入希望額を今すぐ必要な分だけで申し込むことが大切です。借入希望額が多額になるほど、金融機関にとっては返済が滞った場合のリスクが高くなりますので、信用できるかどうかの判断が慎重になり、審査が厳しくなります。

 

すぐにお金が借りたい場合におすすめのキャッシング!
アコム プロミス

▲アコムのページヘ

▲プロミスのページヘ

 

収入証明書が必要なのは高額の借入の場合

収入証明書の提出が必要になるのは、初回の申し込みが50万円以上の希望になる場合や、他の金融機関に借入があり、その合計額が100万円を超える場合です。もちろんその分審査も厳しくなり即日の借り入れは厳しくなりますし、返済できる見込みがないと判断されてしまった場合には、借入をすることができないこともあります。審査の結果は、年収、家族構成、居住状況などや、他の金融機関での借入件数、返済の遅延状況などから判断されるようになります。

 

借入できる最高金額は年収の1/3よりも少なくなります

他の金融機関との借入合計額が、年収の3分の1を超えた場合、銀行以外の金融機関では借入をすることができなくなります。一部のローン(おまとめローンなど)では対象外のものもありますが、年収の3分の1以上の借り入れは基本的にできないというのは基礎知識として覚えておいてください。借入額が多額になるほど、即日借入は難しくなりますし、借入ができない場合も多くなります。

 

即日借入の基準は50万円以下が基本です。

今日中に借入をしたい場合の希望額は、年収の3分の1以下であること、そして50万円以下であること(他の金融機関に借り入れがある場合は合計金額が100万円以下になること)を守って申請したほうがいいでしょう。

 

お仕事が正社員ではない方、アルバイトやパートの方は、特に多額が必要な場合を除いて、10万円以下の申請を行ったほうが通りやすくなります。希望額が少なければ、金融機関にとって返済が滞るなどのリスクに対する信頼度が上がり、返済能力などの判断も好印象を持ってもらえるようになります。

 

使用目的、希望金額で信頼を勝ち取りましょう

借入希望額が高額になればなるほど、年収がいくらあっても金融機関は「何に使うためのお金だろう?」と不審に思いがちです。車を買い換える、電化製品を買い換えるなど、借入の目的がはっきりしている場合は問題ありませんが、返済能力に不安をもたれるような理由では借入の審査に影響が出てしまいます。金融機関に信頼を得るためにも、借入希望学は少なくし、借入の目的もわかりやすいものを選びましょう。借入申し込みは、希望金額が少なければ、運転免許証、健康保険証などの身分証明書のコピーや画像を提出すればできますので、簡単にできますので安心です。

 

消費者金融も多く借りて長く利用して欲しい

有名な消費者金融の場合は、審査の結果、「お客様は○○えんまで利用可能です」と収入証明書を出さなくてもいい範囲内で借入額を決めてくれる場合もあります。消費者金融は信用できると判断できた取引相手には、多くの金額の貸付をしたいと思っているので、決算の時期や月末などの繁忙期には、多くの金額を貸付してくれる場合もありますので、利用時期のひとつの判断基準としてください。

最新カードローンスペック一覧表

実質年率 融資限度額 審査目安
プロミス


4.5%〜17.8% 1〜500万円 最短即日
アコム


3.0%〜18.0% 500万円 最短即日
アイフル


4.5%〜18.0% 500万円 最短即日
モビット


3.0%〜18.0% 800万円 最短即日
楽天銀行カードローン


4.9%〜14.5% 500万円 最短即日